trigger を使って線路上のトロッコを検出する

Trigger は,その上を走るトロッコを検出して変数に代入します. この変数の内容は看板で表示することができます.

看板の書き方

TrainCarts の看板の書き方についてのルールはこのページを参照してください.

2行目 trigger
3行目 トリガの名前 (ユニーク)
4行目 カウントダウンの時間 mm:ss

トリガの名前

トリガの名前はユニークである必要があります.また文字数制限の関係からこの名前はできるだけ短い方が良いと思います.

カウントダウン

このトリガの上をトロッコが通過したときからカウントダウンタイマをスタートできるのですが,その時間を mm:ss の形式で指定します. 例えば 1 分 30 秒なら 1:30 です. これを利用することで,駅で後どのくらい待てばトロッコがやってくるか表示できます.

この欄を省略すると,TrainCarts が自動的に時間を測定します.トロッコが通過してから最初に停車するまでの時間が計測され,自動で看板に追記されます.

定義される変数

このトリガの上をトロッコが通過すると,TrainCarts は看板から参照可能な変数を定義します.

例えば,トリガの名前が hoge (3 行目が hoge) だった場合は以下のようになります.

%hoge% トロッコのカウントダウンの残り時間
%hogeT% トロッコのカウントダウンの残り時間 (上と同じ)
%hogeD% トロッコの目的地 (destination)
%hogeN% トロッコの表示名

トロッコを看板で表示する例

外部ソース

TrainCarts 関連記事

TrainCarts トップページ

使い方・コマンド

  • トロッコを連結する
  • トロッコのパラメータを変更する
  • 看板と連携して看板に行き先を表示する

トロッコを制御する

  • トロッコを制御する
  • トロッコの行き先を変更する
  • トロッコを一時停止させる
  • … など
destroy トロッコを消去する
eject トロッコから乗客を下ろす
enter トロッコにプレイヤーや Mob を乗せる
blocker トロッコの進行を妨げる ([+train] は使えない)
station トロッコを停止させ,直後に発進させる
launch トロッコを発進させたり,スピードを変更したりする
property トロッコのプロパティの値を変更する
blockchanger トロッコに表示されるブロックの種類を変更する
switcher トロッコの内容によって線路のポイント切り替えを行って進行方向をスイッチする
detector 条件に該当するトロッコがあるかどうか検出する
transfer アイテムを保持できるトロッコが来たらアイテムを移動する
craft アイテムを保持できるトロッコからアイテムを消費してクラフトする
elevator トロッコを上下にテレポートする
spawn トロッコをスポーンする
destination 目的地を定義する
trigger トロッコの情報を看板で表示する
announce 乗客に対してメッセージを表示する
waiter 進行方向にトロッコがなくなるまでトロッコを一時停止させる
effect パーティクルを出したり音を鳴らす
ticket お金を使った取引を行って結果を表示する (経済プラグインが必要)